心の声に従う

 


先日、ある講習会に行くことを予定していた

それはもう1ヶ月以上も前に申し込んであり

支払いも既に済ませていた

だが実のところ、若干、行くことに躊躇していた

申し込んだときは行きたいと思っており

当日の予定も空けていた

でも本当のところ、内心では、行っても行かなくても

どちらでもいいかな、というテンションだった


当日になり、本当にどちらとも自分では

決められないままでいた

あまり迷うこともないのだけれど

今回は久々に結構迷ってしまった


お金は支払ったし、参加すれば得るものもある

知り合いに会えるのも嬉しい

でも前日まで予定が詰まっていたため少し疲れもあり

ゆっくり過ごしたい気持ちもある


行くべきか、行かないべきか

迷うということは何かが引っかかっている

まずは恐らくお金を支払ったから、という損得勘定

これは、今後の判断においても

一番に取り払っていきたいこと

そういうことを抜きに

どちらが本当に自分が望むことなのか

ここを大切にしていきたいのである


そこで私は、自分の心の声を聞いてみることにした

まずは瞑想

心を静かに穏やかにして

考えることをやめて

ただただ呼吸に集中して、そして心の声に

耳を傾けてみるようにした


そこで何となく答えが出てきたように思った

最後に、あと一押しとして

天の二択にかけてみることにした

物は何でも良かったのだけれど

一番手軽なコイントス

表が出たら行く、裏が出たら行かない

これにかけた


結果は裏

それが出た瞬間、やっぱり、と思った

私の望みは行かない

やはり予感した通りだった


決まったら、もう潔く選んだ方を受け入れて

あれこれ考えない

そうすることで、その時間を充実して過ごせる

変な損得勘定は要らぬ思考の結果

心の声に従うことこそ

人生を充実して過ごせる鍵である


おかげでゆっくりと自分時間を過ごすことができた

全く後悔は無かった


こういう判断を繰り返していきたい

自分の心の声に従うこと

今日の感情を忘れずにいたい

0 件のコメント:

コメントを投稿