常識を疑う


最近、「常識」と言われているものを

疑うようにしている

「それ、常識だから」と

一言に片づけられてしまうことが

日常にはあるけれど

でも、本当に常識なのだろうか

そもそも、常識って何なのだろうか

誰が決めたのだろうか

一旦、疑って考えてみることは

大切である


こんなに情報が溢れていて

ネットを見れば有る事無い事

一つの物事に対して

対立する情報が自分が正しいとばかりに

主張をし

見始めたらキリがない


昨日までは想像もしなかったことが

平気で起こり

今までの価値観や慣習では

通用しないことが

もはや世界中で起こっている


常識を平気で信じて

考えもせず行動していては

もうこれからの世界では

生きていけないのだと思う


少なくとも

日本で通用している常識は

もう常識ではない


だからこそ

自分軸を持って

自分の基準で

判断していかなくてはいけない


その為にブレない自分軸を造る

心も体もブレない自分を造り

どんなことが起きようとも

柔軟に、飲み込まれずに

対処していきたい


ハイヒールの哲学と美学を両手に持って

これからの風の時代の勢いに乗って

宇宙を味方にして

自分が信じられる人々

愛する人々と共に

生きていきたい

改めて思った



0 件のコメント:

コメントを投稿