不調に向き合う

 


昨日の不調は

やはり症状として発症してしまった


朝、目覚めるとやはり何となく

まだ体が重い感じ

それにいつまでも眠気が取れなかった


それでも何とか

ストレッチとエクササイズを済ませ

支度に取り掛かろうとしたときに

急に腹痛が襲ってきた

こんな激しい腹痛は久しぶり

立っていられず横になり

それでも治らない


恐らく冷えから来た風邪かと思い

でも暫く動けそうになかったので

今日は休むことにした


昨日からお腹の調子がどうも悪い

そして筋肉が強張ってくる感覚

けれど寒気は無かったし

その他は全く痛くない

おそらくひどい風邪にはならないだろうと

そのまま寝ることにした


手足がやはり冷たかったので

簡単に足湯を済ませ

体を少し温めた


そしてまだ痛みが続くお腹に手を当て

ゆっくりとさすりながら「手当て」をして

手の重さと熱をお腹に伝えた

じんわりしてくる感覚があった


気付くとそのまま暫く眠っていた

目覚めると、先程の腹痛は殆ど治っていた

やはり大したことはなかったのかもしれない

単純に冷えて

お腹に急にきただけだったのかもしれない


お腹の調子はまだ完全には良くならないが

食欲もあるし、問題ないだろうと思う


今回の一連の不調から

何が言いたかったかというと

自分の体の様子にきちんと気付いて

自分の力で治すことの大切さを

言いたかった


というのも

私は痛みや不調があると

すぐに薬を飲んでいた


でもそれは止めた


本当は飲みたくないものを

いつも飲む必要はない

あまりにも我慢できないときは

頼っても良いけれど

なるべくなら自分で自分を治したい


痛いお腹に手を当てているとき

昔母が痛い箇所をさすってくれていたことを

思い出した


以前なら

痛みがあるとすぐに不安になり

どうしてこうなってしまうのだろう

ひどい病気にはならないだろうか

いつ治るだろうか、と

後ろ向きで悪いことばかり考えていた


でも今回は

少し無理させていたかな

労われなくてごめんね

それでも頑張っていてくれてありがとう

きっと良くなるよ

と、言い聞かせながらお腹に手を当てていた


私はこの効果は大きかったと思う

体はちゃんと聞いている


午後には普通に過ごせるくらい

元気になったので

もともと予約していた鍼治療にも

行くことができた


もしかしたらこの後ぶり返してしまうかもしれないが

でもその時もまた自分の体の声を聞いて

不調とも向き合って

なるべく自分で治していきたい


最近、少し気が張り詰めていたかもしれない

色々と頑張ろうとすることは良いことだけれど

私はいつも初め頑張りすぎて

途中息切れしてしまうことが多い

それだと長続きしない

適度に適当になって、気を緩めることも大事

そんなことも感じた一日だった


今日はゆっくり休もうと思う


0 件のコメント:

コメントを投稿