成熟した女性になるために


成熟した女性と聞いて

どんな女性を想像するだろうか


落ち着いていて、知性があって

エレガントな佇まい

余裕と品格も兼ね備えた

大人の女性

そんな感じだろうか


およそ程遠く感じるけれど

努力次第で近づくことは出来る


日本では成熟した女性が

何故か魅力として目立ちにくい文化だが

成熟さこそ

私は女性の魅力そのものだと思うし

私が目指したい美しさ


成熟した女性になるには

どうすれば良いか


やはり一番は声のトーンを

低くすることではないだろうか

声が変わると

印象は随分変わり

成熟さが増すように思う


落ち着いた印象を与え

安心感や信頼感も増す

そのくらい声の力は凄い


そして動作に適切な間を作ることも

大切な要素なのではないかと思う


というのも私がレッスン中に

どうしても我慢できずに

そして恥ずかしさから

間を持たせずに次の動作へと

移ってしまうことがあるからだ

これでは余裕のある

優雅な感じは出せない


成熟した女性の動作を

想像してみて欲しい


きっと堂々としていて

空間に自分の空気を作り出している感じを

受けないだろうか

そう、自分の世界観を

どんな場面でも演出できることも

成熟した女性に兼ね備えられた

特徴ではないだろうか

だから惹きつけられるのだ


本当の成熟した女性は

人生経験を積むことで生まれる部分も

たくさんあるのだと思う


でもそこを目指して

今できることを少しずつ身につけること


美学を通じて

成熟した女性の美しさを身につけられると信じ

声、そして間の意識を

忘れないようにしたい


限られた時間の中で


やっと春らしくなってきた

私は寒いのが苦手なので

暖かくなるのが待ち遠しい

寒いのが私には相当ストレスで

冬は全てが停滞してしまう

だんだん日が登る時間も早くなっているので

毎日の始まりも早く感じられる


まだまだ朝型に慣れるのは大変で

気を抜くと夜が遅くなる

私は明らかに夜型人間だけれど

だからって朝型になれないわけではない

こういうときこそ

何が必要で何が不必要か

取捨選択しなければならない

時間は限られているのだから

やらないことを決めるということも必要


我が家はテレビが無いので

その分ネットの情報をついつい色々見てしまう

そして毎日の様々なメールを確認していると

時間はあっという間

興味のあるものしか見ないけれど

ここももう少し整理したほうが良いかもしれない


もっと時間が欲しいとも思うけれど

限られた中でいかに有意義に時間を使い

毎日を充実させるかという意識が

とても大事なのだと思う


そのためにも

やはり自分の本当の望みに焦点を当て

周りは気にしないこと

ワクワクしているか、心に問い直してみること


もうすぐ4月

日本では新年度の始まり


また気持ち新たに

前へ進んでいこう

美しさと感謝

 

※美学のモニターレッスンは締め切らせていただきました。

ご検討いただいた皆さま、ありがとうございました。


今日は天秤座満月

調和、愛、美、パートナーシップ等が

テーマとのこと


今の私なら

美しさについて考えるのが

ピッタリだろうか


本当の美しさを学ぶことができて

感謝しています

この恩恵を多くの女性へ

伝えていきます


本当の美しさは

やはり表面だけではない

自分の内側から滲み出るもの

自信、感情、意思を

声、所作、姿勢、間の取り方、視線で

正しく表現していく


単なるマナーレッスンでもないし

お芝居の練習をしているわけでもない


実際に行っていると

心地よいエネルギーを感じる

確固たる美しさの哲学だと感じる


これは学べば

誰だって身につけることができる

そして身につけた人にしか分からない

美しいエネルギーも

感じることができる


いつのまにか自信もつくし

周りから一目置かれるような

エレガントな女性になれる


今日は実際に感謝に感謝の1日だった

愛と豊かさと美しさ

やはり女性にとってなくてはならない

宇宙からのギフトだと思う


美しさとともに

感謝とともに

これからも高いエネルギーの中で

生きていきます



自分を褒める

 



自分のことはなかなか客観的に見ることが出来ず

嫌なところはよく目につくもの

でも、今日は自分を褒めてみたいと思う


今、一番褒めたいのは

やはりコンサルティングを思い切って始めてみたこと


実は、私はコンサルティングを始めるまでは

Asami先生とは全く関わりがなく

もちろん、他のレッスンすら受けたこともなかった

唯一、プレミアムブログだけ申し込んでおり

併せてブログをずっと拝見していた


いつかは受けたいと思いつつ、なかなか勇気が出ずにいたところ

とあるきっかけでAsami先生とコンタクトを取るようになり

セミナーを受けるようになり

そして、コンサルティングを受けるに至った

僅か半月ほどの出来事だったように思う


決まるときはあっという間に決まる

動くときはあっという間に動く

今はそう思う

そしてそれは何より

自分が決め自分が動いたからだと思う

そして日常が大きく変わった


もちろんこれは現在進行形で

これからもどんどん変わっていくと思う

全く不安がないかといえば嘘

でも今は期待の方が大きい

変化を楽しんでいきたい


もし何かに迷っている人がいたら

まずは勇気を出して一歩踏み出してみること

もう、それしかない

不安なのは分かる、怖いのも分かる

でも一歩踏み出した勇気は

なにものにも変えられない素晴らしいもの

そしてそんな自分を褒めてあげてほしい

どんなちっぽけなことでも

一歩踏み出したのと、そのままとでは

天と地の違い


大人になると

当たり前だけれど誰も褒めてはくれない

ならば、自分で自分を褒めて

小さな成功体験を積み重ねるしかない


褒めるとは自分を肯定すること

認めること

自分で自分を褒めるから

自分を受け入れられるようになる


私は自分をなかなか認められないから

褒められない人の気持ちがとてもよく分かる

でも褒めることは甘やかすことではないし

同じことを褒められない日があってもいい


どうしても褒められないときは

誰かに言われた言葉を自分にかけてあげれば良い

なるべく具体的に、出来事や行動に対して

肯定的な言葉をかけてあげよう


そうしてもっと自分と向き合える

もっと自分を知ることができる

そして次の意欲、行動へ繋がっていく

良い循環が生まれると思う


コンサルティングを申し込んだあのときの自分を

心から褒めてあげたい


体・心・魂

 



最近、自分の体と向き合うようになって

本当の意味での健康にも

関心が向くようになってきた


私は、これまでに色々あって

美容や健康は紆余曲折

さまざまな方法を試してきた

費やした時間もお金も相当

でもそのほとんどが

今思えばとても遠回りだったように思う

まぁ良い経験と思うことにしている


本当の自分

本当の望み

本当の自分の魅力

そういうことを考えたときに

やはり健康であることを土台に

美しくありたいという想いが出てきた


自分の心地良いと思うものを取り入れ

自分の感覚がきちんと感じられるものを選ぶ

例えば食すものも

大量生産されるものや

添加物、薬剤を使用したものは

なるべく避けたい


当たり前だけれど

今一度自分の健康を見直したくなってきた

それは何よりも

エネルギーを高めたいから

エネルギー循環を良くしたいのだ


そのためには

自分が喜ぶものを取り入れ

動いて効率よく燃焼させ

良いエネルギーを生み出したい


今までの私は

エネルギー循環がとても悪かったように思う

でも今こそ

本当に変われるように思う


それもこれも

ハイヒールの哲学と

美しさの哲学に出会って

自分と徹底的に向き合うようになったから


体と向き合うと

心と向き合うし

心と向き合うと

魂と向き合う

全ては繋がっている


体・心・魂

全てはエネルギーを高めるため

自分の全てを大切にしたい





美しくあることを邪魔するものもの

 


美しくあることを邪魔するもの

それは自分自身だと思う


美しくありたいと思っていても

勇気が出なかったり

面倒に感じてしまうと

出来ずにいつもと変わらないまま


でもそれは言い訳

本当に美しくなりないのなら

自分の意識を変えるしかない


だって

美しくならなくなって

決して誰の迷惑にもならない

美しさは食事や睡眠のように

生きていく上で命に関わるような

必須のものではない


でも、だからこそ

美しくあろうとする人と

そうでない人とでは

人生の広がり豊かさ幸せは

格段に変わってくるのだと思う


少なくとも

美しくて損をすることは、まずない

それならば

美しさを狙って意識する人生は

とても楽しそうだと思わないだろうか


先の見えない世の中

半年後、1年後のことなんて

誰も分からない


何の挑戦もせず、意識がけもせず

なるがままの人生では

いつ世界から見放され

絶望に陥ってしまうか分からない


一度きりの自分の人生

これだと思えるものを自分の軸にして

魂の声に従って生きることこそ

どんな世界が来ようとも

幸せでいられる方法


私は美しくありたい

だから自分の意識を入れ続けていきたい


この世界を

幸せに生きるために


感謝の気持ち

 


昨日のInstagramLiveとその後のBlogについて

AMANDOLEのKyokoさんが感想を綴ってくださった

私は見て下さった方がいただけでも本当に有り難かったのに

こんな風に綴っていただけるなんて

驚きとともに嬉しくてならなかった


自分のことに集中すると

つい周りのことが目に入らなくなってしまうが

余計なものは見なくて済む点は良いものの

そんな自分を見ていてくれる人

支えてくれている人がいるということ

忘れてはならないと、改めて思った


ASAMI-PARISを通じて

きっと少しでも私のことを知ってくださった方々

この間までは知らなかった人を知るということは

その人の人生に少しでもコミットするということ

それはどんな状況でも有り難いご縁

感謝の気持ちを忘れてはならないと

これも改めて思った


昨日のLiveを改めて見てみると

声のことを言っておきながら

出来ていない自分に反省

でもこれも今時点の私

成長過程をも見守っていただけたらと思い

精進して参りたいと思います


本当に僅かではありますが

1ヶ月前の自分とは違うことを

実感しています

自分軸の「芽」のようなものが

見え始めたような気もします


ここからもっと水を与え

栄養を与え、光を与え

確固たる太い幹を作り、根をはやし

枝を伸ばし、そして唯一無二の

美しい花を咲かせられるように

自分を成長させて参りたいと思います


改めまして

Kyokoさん、ご覧くださった皆さま

ありがとうございました



Instagram Liveを終えて

 


本日はAsami先生のInstagramLive

参加させていただきました

ご覧くださった皆さま

心からお礼申し上げます

Live中は無我夢中であっという間だったのですが

Asami先生の素晴らしいお導きで

緊張しながらもとても楽しい時間でした


レッスンの課題に向き合ったり

ブログを綴ったり

Instagramを更新したり

Liveに参加させていただいたりと

コンサルティングを通じて様々な経験をしていく中で

本当に少しずつなのですが

自信がついてきているように思います。


自信というとまだ少し大きなものに感じてしまうのですが

自分と向き合わざるを得ず

そうすると自分を受け入れることになり

そして自分を信じることが出来るようになってきているのではないか

と思うのです

自分を信じる、すなわち自信

間違ってはいないと思います


まだまだ駆け出しの私ですが

美しさの哲学のプラチナコースのモニターレッスンも

募集を開始致します

これはまさに日常の場面で使える所作、意識掛けで

すぐに効果のある美しさの表現です


なかなか言われないと意識できないものですが

でも変わるとまさに美しくなった自分に出会え

とても心地よい変化が感じられます

ご興味のある方は、ぜひご連絡くださいませ


私でも変われるのだから

誰でも変われる、美しくなれる

そしてその経験で自信もついてくる

InstagramLiveを終え

また一つ実感できたように思います


これからの自分の変化も楽しんで

毎日を美しく丁寧に過ごしてまいりたいと思います

声の魔法

 


声を意識して変えただけで

何故だろう、自信が出てきた


自分で聴いている声と

録音して聴いてみる声は

印象がだいぶ違い

自分では変かしら、と思ってみても

むしろこちらの方が深みが出て

良いように感じる


最初は日本の女性の声に聴き慣れているので

少し違和感を感じたが

数回聴くと、こちらの方が良いと分かる

それに目指すべき世界基準の美学

成熟した大人の女性が持つ美学に

より当てはまる声である


日本の繊細さの文化は良いが

一歩間違うと薄っぺらくなってしまう

これは日本語という言葉にも

かなり当てはまるように思う


実際に私もフランス語を読んでみて

声にスイッチが入った

深みが加わったように思う

フランスという国が

深みや成熟さを大切にする文化であることにも

繋がるのであろう


声は常に使うもの

だからここを変えるだけで

随分と変化できるのではないだろうか


そもそも

深みのある声は

自信がないと出せないし

逆にこの声を発しているときには

自信が湧いてくるような気がする


声が持つ魔法、奥深さを知り

自分でも驚きだった


ぜひ恥ずかしがらずに

自分の声を意識して変えてみてもらいたい

日本の女性は殆どの人が

高すぎて、薄っぺらい声をしている


喉を開け、お腹かから出し、声を下げる

これだけでだいぶ変わる

そしてその声が変だと感じたら

それは日本の美の価値観のままだからだと

思ってほしい


若い、かわいい、が良いとされるのは

日本だけである

だから高い声を出そうとするのである


世界基準の本当の美学を目指すのであれば

やはり声を見直すことは

必須である



誰かと向き合うことは自分と向き合うこと

 


美学のコンサルティングでは

美学の観点から憧れの女性を自分の中に取り入れ

その人になったつもりで日々を過ごしてみるという

課題が与えられる

実はこれが思った以上に難題


最初は素敵な女性になれる、なんて

容易い気持ちでいたが、とんでもない

これが本当に難しい

いかに皆が憧れるような美しい女性が

考え尽くされて美しき女性として存在するのかを

痛感する


そしてその人を演じる難しさ以上に感じるのが

自分と向き合わざるを得ないということ


根強い自分の潜在意識をこれでもかと

突きつけられ、辛く感じたりもする

でも裏を返せば

それだけ変わりたいと思っている証拠だとも思う


私は運動が苦手なので

ハイヒールのコンサルティングの方が苦戦するかと思ったが

正直、エクササイズは毎日続けることこそが一番の近道であり

体とは良くも悪くも正直なので

こんな私でも続けているば僅かながらも

成長を感じることができるので

続けられるかがカギ


だが、美学の方は自分がどれだけ日々

意識できるかにかかっている

その多くが今まで特に向き合ったことのない

動作や仕草

だから意識を向けない限り

一向にできるようにならないし

意識するには今までの自分と

向き合わざるを得なくて

辛く感じたりもするのだ


私が今一番苦戦しているのが声

声については両方の課題としてあるが

声にこれほど向き合わざるを得ないとは

思ってもみなかった


このことについては

また改めて綴りたいと思うが

とにかく今までの自分と向き合い

苦しくとも乗り越えていくことが必要となる

作業となった


誰しもそうかもしれないが

私も過去相当根強い思い込みがあり

自分でも悲しくなるくらい

人に言っていることが一番出来ていない自分がいて

何回も何回も同じことを繰り返していて

何回繰り返せばいい加減懲りるのだろうという

癖、思い込みがしこりのようにある


でも、だからこそ

変わるべきなのだ

今、ここで


自分の本当の望みは

どこにあるのか

このまま変わらなくても良いのか

辛くても変わりたいのか

答えは出ている


宇宙は全て知っていると思い

全ては魂の声に委ねるのみ


憧れのあの人は

いつかの自分である



美しいものを知っている

 


先日、あるセミナーを受けた

その中で講師がこのようなことを言っていた

「美しいものを創り出せる人は

何が美しいのかを知っている

突然美しいものを創り出せるわけではなく

頭の中にこういうものが美しいという認識があり

それを形にすることができる

そういうものが芸術で

そこに感動がある」

本当にその通りだと思う

私はこの言葉に心から感動した


何かを習得したくて

技術を追求しているうちに

それは何のためか

その根本にあるのは何なのかを

つい忘れてしまうときがある


例えば私なら美学

美しい手つき、仕草、間の取り方

テクニックを追求しているときに

ついその動作ばかりに注力してしまうのだが

それは美しさを表現するため

美学を体現することが根底にあることを

忘れてはならない


そしてやはり何が美しいかを

自分なりに頭の中に描いて常に意識していないと

そこに魂は込められないのだと思う


そういえば思い出したことがある

私はちょうどコロナ自粛が始まった

約一年ほど前に

自分でひっそりと書いていた日記に

こう書いていた

「私は芸術的に生きたい」と


閉塞感の中で自分の人生は果たして

このままで良いのだろうかと

思い悩んでいた

そんなとき本当は自分はどう生きたいか

そう自問したときに出てきた一つの答えだった


その頃は具体的にどうすれば良いか分からず

ただただ思うがままに

美しい音楽を聴き、美しい絵や写真を眺め

動画で観られる舞台やコンサートの映像を観て

触れられる芸術を栄養源のように

取り入れていた

それを求めていたからだと思う


美しいものに触れているとき

私が一番私らしく心地よく安心していられる

そういう気がしていた


私には秀でた能力も経済力も語学力も

何もないので

自分に自信がないのは以前にも綴っているが

でも一つ言えるとすれば

美しいものを純粋に好きである気持ちは

きっと一途なのだと思う


自分の中にはこういうものが美しい

というものはきっとあって

それをコンサルティングを通じて

具体的に表現できるようにしていくことが

今の私の課題だと思う


そう、きっと私が一年前に望んでいたことは

いつか叶えられるような気がしている

まだまだ遠い道のりだけれど

美しいものをきっと私は知っている

だからそれを表現できるように

努力を続けていく



美しく芸術的なオペラの世界

 


METライブビューイングを鑑賞した


スクリーンの大画面を通して

まるでオペラを観に来ているかのような

感覚を味わえる

本物を観るのが一番だけれど

もっと気軽に最高峰の芸術に触れられる

素晴らしい試みだと思う


今回の演目は「Merry Widow」

裕福な未亡人をめぐる恋の駆け引きが

話の中心となり

華やかなパリの社交会を舞台にした

歌とダンスのオペレッタ


こちらは堅苦しくない喜劇なので

オペラに馴染みのない人にも

十分楽しめる


華やかな舞台、美しい音楽

歌手の素晴らしい声、引き込まれる舞台演出

やっぱり観ていてうっとりする

感動せずにはいられない

高揚感でいっぱいだ


歌手もダンサーも

体の軸がしっかりしている

当たり前だが今回は

そう言うことにも注目して観てみた

そして体の中心から声を出し

表現をしている


表現というのは

本当に心から感情を込めて

手先足先まで意識して動かさないと

観ている側には伝わらないのだと

改めて感じた


歌手も舞台である以上

歌と体で表現し演じている

そして感動レベルの

芸術にまで仕上がるのだ


そして華やかな舞台の裏には

たくさんのスタッフがいることも

忘れてはならない


たくさんの人々のプロ意識のもとに

一つの芸術作品が出来上がる


芸術に触れると

やはり心が浄化され

エネルギーが上がり

魂の声をもっと聞けるようになる


芸術はなくてはならない


今日は宇宙元旦

華々しい一年の始まりにぴったり

やはり美しく芸術的な毎日を

私も創り出し過ごしていきたいと

改めて思った


ハイヒールの哲学、美しさの哲学

 



ハイヒールの哲学と

美しさの哲学

ASAMI-PARISで私は両方を

学んでいる


私は正直なところ

とにかくAsami先生のコンサルティングを

受けたいという思いだけで

どちらかと言えば興味のあった

美しさの哲学の方を選び

申し込んだ


だがやはりハイヒールも諦められない

私の魂の声に従い

すぐ後にハイヒールの哲学も

申し込んだ


いまだに無謀な挑戦ではなかろうかと

感じることもある


2つの哲学は違うものではあるが

それぞれでの学びがお互いの理解を深め

相乗効果のように生きるのではないかと

最近は思う


ハイヒールでは確固とした

自分軸の確立、ブレない自分

美しさの哲学では

内側から醸し出すオーラ、自己表現


この2つの融合が

唯一無二の芸術的な美しき女性を

創りあげられるのだと思う


まだまだ始まったばかりなので

2つが曖昧になったり

また日によってもどちらかに

気持ちが寄ってしまったりもするのだが

それもまた成長過程と思い

取り組んでいきたい


当然のことながら

コンサルティングが始まって

私の生活はガラッと変わった


起床時間から日常の過ごし方から

課題の為に常にコンサルティングのことを

考えている状態


夜型の私が早起きしたり

何事も続かない私が毎日ブログを書いたり

自分でも驚いてしまう


大変でないといったら嘘

でも大変だからこそ変われる

変わったときの喜びは大きいのだと思う


今までにも

変わりたいと思い

色々と取り組んではみたものの

続かないものばかりだった

それらは結局

実を結ばずに終わってしまった


でも今回は違う

意気込みも投資も時間のかけ方も

今回は今までで一番本気


誰に誓ったわけでなく

自分の誓いとして

最後まで諦めない


始まって1ヶ月

明日は宇宙元旦

春分の日


来年の今頃は

自信を持った1人の美しき女性として

春の始まりを楽しんでいたい





芸術的な美しさ -CHANEL Haute Couture Collection-




CHANELのオートクチュールコレクションを見た

私はファッションの知識がないので
恥ずかしながら細かいことは分からないのだが
とても芸術的な世界観に
見ていて魅了された

ガーデンウェディングのような演出で
花々が美しく華やかな春を感じさせ
素直に美しいフィルムだった

そしてそこに登場する様々な女性に
強く美しいエネルギーを感じた

やはり女性は様々に美しさを
演出できるのだと感じた

もちろん
ファッションショーは服が主役で
モデルがそれを着こなすわけだが
ショー全体に流れる
女性の自由なエレガンス
洗練されたシルエットに
女性の美しさの可能性を感じ
ワクワクした

やはり女性は美しい

美しいものを纏い
自分を演出することで
どこまでもエレガンスを
表現できるのではないかと
思わせてくれた

美しさの哲学を学び始め
自己表現の重要性を感じているが
美しく自分を演出することが
いかに難しいか
と同時に
自分の魅力を解放することが
いかに心地良いことか
少しずつ感じ始めている

特に日本人女性は
恥じらいを乗り越え
自己を解放することが
より美しい魅力に繋がるのではないかと
感じている

美しさは芸術

芸術レベルの
美しさを追い求めたい

自分の声と向き合う

 



あなたは自分の声が好きですか


私たちは大人になるに連れて

ファッションやメイクを変えるように

歩き方や声も変えるべきなのです


大人の女性には大人の女性の声の出し方

話し方があるのです

子供の時と変わらないままでは

まるで子供服を着たまま

大人になるようなものなのです


大人になるにつれて

声のトーンは低くするものです

そこには知的で落ち着いた印象があり

然るべき大人の声の出し方です

ですが

日本では若いが良しとされるため

逆に声の出し方をより子供っぽく

高いトーンにする女性も少なくありません

ここには全く知的さエレガントさは

存在しません


それに

日本語は口先だけで話せてしまう言語なので

余計にお腹から声を出すということをせず

薄っぺらい印象となってしまうのです


結局は全てに通ずることですが

声も自分軸を確立し

内側から発することが必要なのです


声こそ個性が現れるもの

だから自分の声に向き合い

きちんとした出し方話し方を習得し

磨いていくことこそ

自分に自信を付けていく中で

必要なことでもあるのです


私は自分の声がまだ好きになれません

ですが声の哲学を学び

自分の声を受け入れ

堂々と自分の言葉で話せるように

トレーニングしていきたいと思います


Eleganceは内側から


エレガントな人、と思われるには

外側だけで表現しても

絶対に伝わらない


内側から創り上げていかないと

エレガントにならないのだ

内側を充実させるには

経験と技術を身につけることでしか

達成できない


美しさに対する鋭い感性は

この積み上げの先に存在する


だから初めから美しい人もいないし

いつからでも美しくなれる


結局はスポーツや芸術と

同じなのかもしれない

私は運動が苦手なので

どうしても芸術において物事を考えがちなのだが

例えば「art」と言う言葉

これは芸術という意味だが

もともとは美を表現する技術を指す言葉だった

そう、技術なのだ

訓練によって達成できる表現方法なのである


美しい音楽も

美しい絵画も

技術を積み上げた先に

存在するのだ


内側を充実させると

心地よいエネルギーが滲み出る

それがオーラとしてエレガントを

表現できる


外側だけで表現しようとすると

薄っぺらくなってしまうのは

そのため


自分の人生は

すべてエネルギーとして滲み出る

だから

いつもエレガントでありたいという

気持ちを持って

日々を過ごしていきたい




美しさの捉え方の変化

 


美しさの哲学を学び始めて3週間が過ぎた

最近、私の中の美しさの捉え方が

少し変化してきた


まずは、美しさは遠いところに

あるものではない

日常に存在するものである

ということ

そしてその上で

美しさはいかに努力と計算によって

作られているかということ


計算というと

何か計算高い女性のような

マイナスな印象を与えがちだが

決してそうではない


美しさを日常に存在させるには

いかに日々の作業に落とし込むか

そして落とし込むためには

いちいち気を使い続けなくては

習慣化しない

その積み重ね


そして周りに美しいと認識してもらうには

それを分かるように効果的に

見せなくてはならない

そこには計算されたテクニックが必要


決して感性や感覚だけで

美しさは見せられるものではないのだ

その部分を

実際にコンサルティングを受けてみて

はっきりと感じた


私はどこか

美しさは感覚的なものだと

捉えていた部分が大きく

だからこそ

おそらく遠い存在

特別な人にしか手にできないものだと

感じていたのだと思う


でも違う

今は確信できる

まだ学び中の私でさえも

美しさの捉え方が変わり

努力と計算されたテクニックを続けることで

きっと手にすることができると

心から思えるから


私ができるなら

誰でも手にすることができる

日々の積み重ねによって

だから日常にしか存在しない

だからこそ日常に存在する


体験しないとなかなか分からない感覚だけれど

ここをもっときちんと私の中に落とし込み

説得力を持って伝えられるように

していきたいと思う


思い込みの力

 


誰にでも思い込みがあると思う

私もそう

特に私は相当な思い込みがあり

それも大抵ネガティブな思い込み


「私には無理」

「できないに決まっている」

大抵こんな感じ


思い込みの力は良くも悪くも威力があり

心の奥底までその思考になりきってしまっているのだ

そして思ったことは現実化する

だから、ネガティブな思い込みのままでは

一向に現実は変えられない


と言ってもポジティブに思い込ませるのは

なかなか難しい

でもここはトレーニング

現実を、望む未来を引き寄せたいのなら

ネガティブな思考は捨て去り

ポジティブな思い込みを作るのだ


大体、なぜネガティブな方には思い込めるのに

ポジティブな方には思い込めないのだろう

それは過去と照らし合わせようとするから

世間の言うことを信用するから


誰の人生なのだろう

過去は終わったことなのに

どうして未来を見ようとしないのだろう

どうして自分の考えを優先させないのだろう


これは私に言い聞かせている

でもきっと多くの人に当てはまると思う


もっともっと自分の心の声に

耳を傾けて、聞いてあげてほしい

そして素直に受け入れて

行動を起こしてみてほしい


一年前に想像もしなかったことが

あっという間に起こってしまう世界なのだ


だから信じるのは外側ではなく内側

そこで例えば間違ったり失敗したりしても

また軌道修正すれば良いのだ

マイナスに思い込もうとせず

軽やかに、さっと


思い込みの力をうまく利用して

自分の望む未来を引き寄せよう


体を鍛える


心を強くするには

体を鍛えるのが良い

これは一理あるのだと思う


私はかなりメンタルが弱い

すぐ落ち込む

傷つく

逃げ出したくなる

そしてそんな私は

体を動かすことがかなり苦手だ

運動がとにかく苦手

大嫌い

どちらも苦手

だからどちらも弱いのだと思う

悲しいけれど、それが現実


だけど今回は掛けてみようと思う

体を鍛えて

心を鍛えて

一皮むけた自分に

生まれ変わりたい


これまでにも

何か物事を達成したことはあるけれど

それによって

メンタルが強くなったかと言えば

そこそこ、というところだろうか


今までと今回の大きな違いは

体を鍛えている、というところ

とにかく運動が苦手だから

体を動かすことは極力避けてきた

それによりますます自分は出来ないと思い込み

余計にやらない


それは自分の自信の無さの一部にも

なっているのだろう


ハイヒールのレッスンでは

とにかく体を鍛えないわけにはいかない

なぜなら

やらないとすぐに分かってしまうから

嘘がつけない

思うとおりに体が動かない私には

ハードで辛いこと

でも仕方ない

今まで全然やってこなかったのだから


小さい頃から

運動が得意な子が

本当に羨ましくて

そこから逃げて

運動神経が悪かった私を

悔やむばかりばかりだけれど

もう過去はどうでもよい

今、向き合って頑張ること


いつからどこからでも

人は変われる

変わりたいという気持ちさえあれば

何かを始めるのに

遅すぎることはない


でもやはり

体を鍛えることで

心は鍛えられるのだと思う


そこを信じて

強い私になるために

今日もハイヒールを横目に

体を鍛える

人と比べない美しさを目指す

 



女性ならきっと誰しも

美しくなりたいと思うはず


美しさに正しい定義はありません

それぞれに美しさの定義、価値観があり

それを軸にすることが大切です


日本では「若い」「かわいい」「白い」

こういう女性が美しいとされる傾向にありますが

世界を見てみるとそうではありません

「成熟」「セクシー」「健康的な肌」「知性」

こういったものを兼ね備えた女性の方が

圧倒的に美しいとされるのです


このグローバル時代において

ぜひ世界基準の美しさを目指してみませんか


例えばワインを思い浮かべてみてください

年月を経て熟成し、複雑さを増し

まろやかになったワインは

若いものよりずっと美味しいものです


「女はボルドーワインと同じ。

時間を経て美味しくなる。」

と、私の大好きなドラ・トーザンさんの著書の

冒頭にも書かれています

その本の名も『フランス人は年をとるほど美しい』


私は物心ついたときから「若さ」が武器になることに

とても違和感を感じており

早く大人になりたいと思っていました

若い=未熟、青い

そう思っていましたので、「若い」と言われると

馬鹿にされているような気持ちでした


ですが一方で「若い」が褒め言葉として

価値が置かれていることも十分承知していましたので

いつしか自分の気持ちに蓋をし

若く見られよう、かわいく見られよう

そう努力している自分がいました


ですが、もうそれは違う、と気づき

やめようと思いました

人と比べない自分だけの美しさを目指す

それが大切なのです


年月を経るほど熟成し、本来の味わいが出てくるように

歳を重ねるほど、その人らしさが魅力となって滲み出るのです

歳を重ねるほど美しいのならば

ずっと美しさを目指す価値があるのです


そしてやはりセクシーであることも大切

日本では何かと避けがちな傾向にありますが

これも言ってみればその人が持つ女性としての魅力です


肌の色や知性だって、その人自身の魅力を磨くことで

美しさとなるのです


自信がないのは、人と比べるから

人と比べる美しさは、目指すべき美しさではありません


自信がないからこそ、自分に集中して

自分だけを見つめて、美しさを磨いてみてください

自分を丁寧に扱い、一つ一つの動作を丁寧に行い

余裕を持って行動してみること

これだけでも、かなり自分の美しさを見つめられます

次第に自信はついてくるはずです


いつからでも美しくなれます

あなただけの美しさを目指してください

Dr.ハイヒール

 


私、重度の腰痛持ちですの。

もちろん、ストレッチに整体、病院も

何件も行きました。

腰痛に効くと言われるあらゆるものを

試しましたの。

確かに、そのときは良くなるんです。

痛みもなくなり、腰を気にせずに過ごせるんです。

でも、数日するとまた戻る。

結局その繰り返しなんですの。

もうね、仕方ないって諦めているところも

あるんですけれどね。

でもやっぱり辛いじゃないですか。

いつも腰を気にしなくてはならないなんて。


先生は名医と聞きましたの。

あらゆる体の不調は治せるって。

爆弾のような腰痛で悩まれていた方も

先生のところで見事に治られたって話も

伺いましたわ。

しかも嬉しいおまけ付き、なんてお噂も。

だから、私も先生に掛けてみたいと思いますの。

ところで、先生、とてもお美しいんですが

本当にドクターなんですよね…?


はい、私はこれまで何人もの腰痛の方を

ハイヒールで治して参りました。

腰痛だけではありません。

外反母趾やO脚の悩みも解消して参りました。


まず、腰痛の解決策は腰回りの筋肉を鍛えることです。

腰痛だからと動かさずにいると、状況は更に酷くなり

鉄板のような状態となり、いっそう状態は悪化します。

腰痛の方に共通しているのは、肩甲骨が非常に硬いということです。

ですので肩甲骨を解すと、それに従い腰も柔らかくなり

腰痛が改善されるのです。

そして腰回りの筋肉を鍛えることで

腰痛になりにくい体を造ることができます。

ハイヒールで正しく美しく歩くには

まずはストレッチから始まります。

ここにはもちろん肩甲骨のストレッチも含まれ

最初は硬くてあまりできなくても

続けていくうちに解れていき、腰も動くようになっていきます。


次にハイヒールで歩く際には

腹筋を上へ引き上げることが必須となりますので

それにより腹筋が鍛えられ

腰回りの筋肉強化に繋がります。

腹筋を引き上げることで腰が反ることを防ぎ

腰痛になりづらい体を造ることができるのです。

それに、ハイヒールレッスンを続けていくうちに

体の不調は改善され、加えて身体のラインも

美しく変わっていくのです。


腰痛でお悩みの方の多くは膝の力が弱いということも

特徴の一つです。

ハイヒールで正しく歩くには膝をプッシュする力も非常に重要で

膝の強化が腰痛解消にも寄与するのです。

膝は鍛えると見た目も美しく変化していくので

やりがいがありますよ。


そうなのですね!

ハイヒールがそんなにも奥が深いとは…

ハイヒールってとても美しいけれど

あんなに歩きにくそうなものを履いたら

余計に痛めるんじゃないかって思っていましたわ。


ハイヒールは身体の様々な悩みを

解決することができます。

ハイヒールで身体を痛めるって思っていらっしゃる方は

正しい歩き方を知らないだけです。

決してハイヒールが悪いのではないのですよ。


ですが大切なのは、日々意識し努力を続けていくことです。

ご自身の身体を変えられるのは、医者ではなく

あなた自身です。

ご自身で体に向き合い治すので、再び不調になりにくい

身体を造ることができるのです。


私がハイヒールの正しい歩き方をお教え致しますので

ぜひ、ご自身の力で腰痛を治されてみませんか。

腰痛が解消される頃には、ハイヒールで美しく歩けるようになる

素敵なオプションまでついてきますしね。


なんだか希望が持てるようになってきましたわ!

私、やってみます、Dr.ハイヒール!


美しき音色に魅せられて

 


ピアノは調律されて

美しい音色を奏でる


美しい音色の正体は

鍵盤を叩くとそこに繋がっている

ハンマーが弦を打ち

その振動が音波となって聞こえる

音の強弱、広がりはすべて計算に基づくもの


そもそもクラシック音楽は

極めてロジカルに組み立てられていて

メロディ、リズム、ハーモニーが

音楽理論に則って作られている


美しい音楽の背景には

理論、計算が隠れている


これはすべての美しいものに言えること

決して偶然の産物ではなく

計算され、調和し、バランスが取れているから

美しいのだ


でも忘れてはならないのは

そこに人間のエネルギーが乗るから

更なる感動、感激を引き起こす


ピアノがピアニストによって

奏でる音色が違うように

エネルギーが違い

創り出す世界観が違う


美しいものを創り出す人によって

その人らしさがあり

波動があり

その波動に共鳴する人が

惹かれ、感動するのだと思う


ハイヒールにも言えること

美学にも言えること


ハイヒールで正しく歩くには

綿密な計算がある

体重のかけ方、筋肉の引き上げ方

バランス、ポジション、タイミング

全てが完璧に整ったところに

正しく美しい歩き方が現れる


エレガントな女性を表現するには

仕草、視線、間、抑揚、体の使い方

全て準備され、計算された先に

醸し出せるオーラができ上がる


そこに内なるエネルギーが溢れ出て

その人らしさ、生き様が現れるのだと思う


人はそういうところに惹かれ

感動するのだ


大好きなピアノの音色に

隠れた秘密を見つけ

本物の美しき音色が恋しい日々


コンサートホールに響き渡る

音色に包まれる感覚に

宇宙にいるような崇高さを感じ

また鑑賞できる日が

待ち遠しいです


自分に自信がないのなら

 


自分に自信がないのなら

ハイヒールを履いてみませんか


自信がないからこそ

ハイヒールを履くのです


ハイヒールを履いて

正しく歩けるようになる過程は

自信を作り上げていく過程


何を隠そう

私自身がそうなのです


ハイヒールで歩くときは体の軸を意識します

というのも、体重を母指球という

足の親指の付け根の部分に

乗せる必要があるのですが

そうすることで脚の内側の筋肉を意識し

膝を伸ばし腹筋を引き上げ

体の軸を造ることでブレずに歩くことが

出来るのです


軸がきちんとできていないまま

ハイヒールで歩くと

腰痛をはじめ様々な体のトラブルを

引き起こしかねません


ハイヒールで歩く際は正しい体のポジション

筋肉の使い方ができてこそ

正しく歩くことができ

健康にも美しさにも寄与することになるのです


そしてそれは自分の自信にも繋がります


ハイヒールで正しく歩けているとき

膝は伸び腹筋が引き上がり

胸も開いて背筋が伸び

顔も目線も上がっています

そうすると気持ちも前向きに

なっているはずです


そんな自分は自信があるとは言えませんか


ハイヒールを履いているときだけでも

良いのです


まずはハイヒールで正しく歩ける

それが大きな自信になる筈です


ハイヒールで正しく歩けるようになるためには

日々の努力が必要です

直ぐにできるものではありません


正しい筋肉の使い方、体のポジションを

訓練の積み重ねで

体に覚え込まさせるです


決して楽しいとは言えないかもしれません

でもすべては正しくそして美しく

歩けるようになるため


憧れのルブタン 、ジミーチュウ

マノロブラニク

何だって履けるようになるのです

努力の積み重ねで


努力して出来るようになったからこそ

自信になるとも言えます

しかも健康になり体のラインも綺麗になり

みるみるうちに美しき女性へと変化

それが見てわかるようになるのです


これはやるしかない

女性は美しくなりたいのです

美しくなれるは最大のモチベーションです


自信がない人にこそ

ハイヒールの恩恵は大きいはず


ハイヒールで自信のある

美しい女性へと変化しましょう


まずは私が

それを証明してみせたいと思います






すべての美しい女性へ

 


もしももう一度人間として生まれ変わるとして

性を選べるなら

私は迷いなく女性を選びたい


私は女性としてこの地球に生まれてきたことに

幸せを感じる


人は必ず肉体としてどちらかの性を授かり

この世に生まれる

多くの場合、心の性も一致しており

女性の肉体に女性の心を持って

この世で生きる


女性とは何であろうか


女性の最大の特徴は

やはり新たな命を産み落とせるというところでは

ないだろうか


生命の根源を生み出すのは

男女両方の存在が必要なことだとしても

最終的にこの世界に新たな命を誕生させるのは

女性のみが担える役割


間違えないで欲しいのは

実際にそうするかどうかは

関係ないのである


そういう機能を根本的に兼ね備えているというところに

最大の魅力と神秘があるのだと思う


女性は強い


一つの命を

この世に誕生させられる神秘は

偉大であると共に尊いとしか

言いようがない


全ての人は

母から産まれてきたのだ


そして女性は美しいのである

花が美しいのと同じように

女性はやはり存在が美しいのである


それはやはり強さであり

優しさであり

深い愛情があるが故だと思う


そして女性と男性という

二つの性がある以上

お互いが求め合うのも

必須のことなのだと思う


様々な理由で

歪んだ感情や思考が入り混じるのも

この世界において事実であるけれど

女性であるならば

男性を求めるのは

必然なのだと思う


だから女性の魅力は男性がいてこそ

さらに際立つということも

あるのだと思う


社会において男性と対等に渡り合い

たくましく生きる女性の方へ

もし辛さや悔しさがあるときは

あなたが女性であるという誇りと尊さを

忘れないでほしい


そして何より強く美しい


男性と全く同じ土俵にいる必要はなく

できる筈もなく

良くも悪くも女性であるということを

心でも体でも認識して

凛とした美しさを保つことを

忘れないで欲しい


女性を女性として磨き上げるのは

紛れもなく美学だ


そしてそれは突然降ってくるものではなく

日常にしか存在しない


日々の積み重ねが

女性が女性らしく

強く美しく輝けるようになる一番の近道


国際女性デーに

すべての美しい女性へ


インスピレーション

 



先ほど、ふと、インスピレーションが沸いた

自分の未来のビジョンに関することだ


昨日から、ワクワクにフォーカスするようにして

宇宙を味方につけるよう意識しているが

これが早くも効果が出てきたのかもしれない

と思いたい


それにしても

このインスピレーションは

なぜ今まで思い付かなかったのだろう

というような

少し考えれば思い付きそうなことではあるが

このタイミングで

ふと、降りてきた


そのときに

やはり昔の思考癖で

不安がよぎりそうになったが

そこをさっとワクワクに変換

そして、私にはとっておきの味方もいる


インスピレーションよ

あなたをワクワクの気持ちと共に

迎えようではないか

その方が、あなたも居心地が良いに

決まっている


肩の力を抜いて

一旦、頭を空っぽにしてみれば

なんだ、こんなに簡単なことだった


一歩宇宙に近づけたような

夜の出来事だった


本気の生まれ変わり


Asami先生の宇宙を味方につけるセミナーを受けた

正直、私は他の方と違って

受けたあと、今までの自分に

かなり向き合わざるを得なくて

少しダメージを受けている部分もある


私はどうしても、どうしても

心からワクワクが出来なくて

いつも思考が先にきてしまう

それも不安やマイナスの思考


思い返せば、幼い頃から

いわゆる遠足前が一番楽しくて

もう当日始まった時には

今日が終わって明日はもう日常であることを

残念に思っているような子供だった


今ここを楽しめず、先回りにも程がある

なんという不幸な思考の持ち主


そんな頭でずっと生きてきたから

宇宙の法則や引き寄せの話を聞いても

もちろん、理解はするし納得もできるのだけれど

いざ実践してみようとすると

全然上手く出来ない


こんな簡単なことが

こんなに難しい


自由に感じてみて、と言われても

自分でも驚くほど

自由に感じることが出来ないという現実に

本当に悲しくなるばかり


その裏には

これまた驚くほど

人目を気にしている自分

「こんなこと考えても良いのかな」

「こんなこと想像しても良いのかな」

自分の気持ちを感じることにさえ

人目を気にするなんて

いったい誰の人生なんだろう


本当に、これは

徹底的に自分にメスを入れて

思考の総入れ替えをせねば

宇宙を味方につけられる筈もなく

どんどん、どんどん遠ざかるばかり


でもやっぱり達成したいビジョンはある

だからASAMI-PARISの扉を叩いた


決断した瞬間は

エネルギーもテンションも高かった

それが、まだ始まって間もないというのに

これまた、大先輩方や次々とビジョンを

叶えられている方々を見て

もう勝手に比べて

「自分にできるのだろうか」

「私ほどの劣等生はいない」

「やはり自分には壮大すぎる決断だったのだろうか」

そんな気持ちばかりが押し寄せて来ていた


もうここまで読んでいると

エネルギー高い方々は

うんざりして来ると思う

私もさすがに、こんなエネルギー低い思考は

毒なので綴るのも止めることにする


今、この瞬間から

やっぱり変わらねば


心からのワクワク

心からの自分の感情、心地よさ


過去の私にさようなら


セミナーで言われた

一冊のノート


本気の生まれ変わりを

実行に移そうと思います


ハイヒールを履いた美しきヒロイン

 


叶えたいものがあるとき

努力はもちろん必要だけれど

その叶えたいものの世界に

触れ続けることはとても大切だと思う


そうしないと

叶えたいという強い気持ちも

次第に弱くなってしまう


よく、叶えたいことは強く望むほど

遠ざかってしまう、ということを

引き寄せの法則では言ったりもするが

結局は同じことを言っていると思っている


引き寄せでは望むものが叶った状態を

できるだけ具体的に想像し

既にその叶った状態の気持ちで過ごしていると

同じ波動を引き寄せる

つまり、いつの間にか本当に叶ってしまう

というもの


叶えよう、叶えよう、と思うほど

それは叶っていない現実を肯定することになり

従って叶わない未来を引き寄せてしまう


叶った状態に浸る、ということは

叶えたい世界に触れ続けることだと

言えると思う


引き寄せでは、あたかも何もしなくても

叶うかのように捉えれれがちだが

決してそうではない


やはり努力しなくては、叶わない


努力とは、どんな小さなことでも良いから

その目的のために行動し続けることを

言うのだと思う


私は決して努力が得意ではない

すぐに怠けたりやめてしまいたくなる

でもそこをやはり踏ん張って

諦めずに、とにかく続けてみる

それしかないのだと思う


頭には常に理想の世界を描き

その世界と自分を分離せずに

物語のヒロインとして

最初から最後まで登場させる


ヒロインに困難はつきもの

どんなヒロインもそれを乗り越えて

幸せを手に入れる


自分がヒロインで

スポットライトがあたる舞台に立つのは

どんな気持ちだろう


舞台に立つ緊張、高揚感

ここまで来られた達成感、自信

そして自分を支えてくれる人への愛、感謝


きっとエネルギーは最高に高いと思う


そういうふうに自分の人生を

物語の舞台だと思い

理想の世界も、そこに至るまでの過程も

全てヒロインとして生きてみる


ハイヒールを履いた美しきヒロインとして


ハイヒールを頭から

 


ハイヒールは足に履くもの

けれども全身を使って行うものなのです


脚の筋肉、腹筋、背筋、肩甲骨、腕

全ての筋肉を使用します

そして頭の位置も大切

とにかく頭の先から爪先まで

全てが関わってくるのです


見える部分だけではありません

頭の中、つまり脳も使います

なぜ踵から着地をしては

ならないのか

なぜ骨盤の歪みや腰痛といった

体の不調にハイヒールが良いのか

すべて理論で学びます


そして心も必要

ハイヒールで正しく美しく歩くという

強い思い、自分軸の確立


全身全霊すべてを使います

だからハイヒールは生き様であり

人生の哲学なのです


ハイヒールで歩くとは

自分の人生を歩むこと

いかに正しく美しく歩くかは

いかに信念に従って人生を

美しく豊かなものにするのかということ


たかがハイヒール

されどハイヒール


この魅力に取り憑かれたら

もう二度と引き返せません


特に理論をしっかり入れ込むことは

とても大切

頭で理解することで

体はより動きやすくもなるのです

そして自信にも繋がります


頭も体も心も全ては繋がっている

ハイヒールの哲学は

全てを含むuniverseとも言えます





ネイルをやめた理由



私はネイルが好きだ
美容は全般的に好きだが
特にネイルは大好きだ

ネイルアートに心が躍るし
手元が美しくなるし
単調なPC作業の合間にふと眺めては
癒しにもなる

だからネイルは私へのご褒美であり
日常を彩る小さな美でもあった

だけど私はネイルをやめた

特別な日にマニキュアを塗る以外は
日常的ないわゆるジェルネイルは
施さなくなった


きっかけはコロナ自粛
ネイルサロンに思うように行けなくなり
メンテナンスが出来なくなった

でもサロンが再開されても
結局行かなかった

その理由は他に時間とお金を
使いたいと思うようになったから


コロナ自粛中は
ネイルに限らず美や芸術といったものに
直接触れられる時間が
明らかに減った

コンサートしかり
美術館しかり
美容サロンしかり

そうした中でより一層
美に触れることの大切さを
改めて感じたのも事実

やはり美や芸術は人が人として
生きていくために
なくてはならないものだと思う

それならば、自分の中で
美や芸術を創り出せば良いのだ

自分が美しい存在として
芸術的な営みを
行えば良いのだ

「美学は日常にしか存在しない」

これをまさに実行するとき

ネイルに使う時間とお金を
自分が美を創り出す
時間とお金に費やす

そうすることで
これからまたどんなことが起ころうと
常に美や芸術と共にいられる


それにネイルをしていない手元でも
そこに美学があれば
ネイルの美しさに頼らずとも
もっと美しい手元を
創り出せる

そう信じている

そしてまた美学を身につけた先に
更にネイルを施せば
それは何倍にも美しい
芸術的としか言えない
手元になるはず

私なりの美学が完成できた暁には
自信を持って
更に美しい手元になるべく
またネイルを再開したいと思う


インプットとアウトプット


 何かを習得するときは

インプットとアウトプットが大切

両方を行うことで

深く身につけることができるのです


これはハイヒールも同じ

体の知識、理論のインプット

そしてそれを伝える技術のアウトプット

更にハイヒールは実際の歩き方の実演

これらがあるから

確固たる哲学として人に教えるまでに

習得できるのです


理論だけを述べて

実際に美しく歩けないコーチを

信頼することはできないですし

歩き方だけ美しくて

知識もないコーチもまた

信頼することはできません


また実際に姿勢、脚のラインが

美しくないコーチも

理論、技術の証明になっていないので

これまた信頼に欠けます


ハイヒールで美しく歩くとは

並大抵のことではありません


ですがインプットとアウトプットは

互いに補完し合い

知識が技術の手助けになり

技術が知識を深く落とし込んでくれます


ハイヒールの最大の魅力は

やはりその歩き姿が間違いなく

美しいということ

そしてハイヒールで美しく歩くことは

健康+美しい体になれるということ


こんな素敵なもの

他にあるのでしょうか?


インプットとアウトプット

両方を繰り返し、習得し

いつの日か美しきハイヒール哲学の

コーチとして

皆様の前に自信を持って

立ちたいと思います