人と比べない美しさを目指す

 



女性ならきっと誰しも

美しくなりたいと思うはず


美しさに正しい定義はありません

それぞれに美しさの定義、価値観があり

それを軸にすることが大切です


日本では「若い」「かわいい」「白い」

こういう女性が美しいとされる傾向にありますが

世界を見てみるとそうではありません

「成熟」「セクシー」「健康的な肌」「知性」

こういったものを兼ね備えた女性の方が

圧倒的に美しいとされるのです


このグローバル時代において

ぜひ世界基準の美しさを目指してみませんか


例えばワインを思い浮かべてみてください

年月を経て熟成し、複雑さを増し

まろやかになったワインは

若いものよりずっと美味しいものです


「女はボルドーワインと同じ。

時間を経て美味しくなる。」

と、私の大好きなドラ・トーザンさんの著書の

冒頭にも書かれています

その本の名も『フランス人は年をとるほど美しい』


私は物心ついたときから「若さ」が武器になることに

とても違和感を感じており

早く大人になりたいと思っていました

若い=未熟、青い

そう思っていましたので、「若い」と言われると

馬鹿にされているような気持ちでした


ですが一方で「若い」が褒め言葉として

価値が置かれていることも十分承知していましたので

いつしか自分の気持ちに蓋をし

若く見られよう、かわいく見られよう

そう努力している自分がいました


ですが、もうそれは違う、と気づき

やめようと思いました

人と比べない自分だけの美しさを目指す

それが大切なのです


年月を経るほど熟成し、本来の味わいが出てくるように

歳を重ねるほど、その人らしさが魅力となって滲み出るのです

歳を重ねるほど美しいのならば

ずっと美しさを目指す価値があるのです


そしてやはりセクシーであることも大切

日本では何かと避けがちな傾向にありますが

これも言ってみればその人が持つ女性としての魅力です


肌の色や知性だって、その人自身の魅力を磨くことで

美しさとなるのです


自信がないのは、人と比べるから

人と比べる美しさは、目指すべき美しさではありません


自信がないからこそ、自分に集中して

自分だけを見つめて、美しさを磨いてみてください

自分を丁寧に扱い、一つ一つの動作を丁寧に行い

余裕を持って行動してみること

これだけでも、かなり自分の美しさを見つめられます

次第に自信はついてくるはずです


いつからでも美しくなれます

あなただけの美しさを目指してください

0 件のコメント:

コメントを投稿