見えない相手にも美しさを伝える

 


声には自分の心情が出てしまう

自信がないときや何か心に抱えているものがあるときは

えー、やあのー、が多くなってしまう

意識はしていなくても、そうなってしまう

でもそれは相手にそのまま伝わってしまうから

気をつけなくてはならない


そして日本ではビジネスにおいても

何故か丁寧すぎる言い方が多く

とにかく可笑しいぐらい丁寧すぎる言い方もあり

これはときに相手に対して失礼に映るように思う


二重敬語なんてザラで

私も会社で周りが丁寧すぎる言い方をするものだから

釣られそうになるけれど

あまりそうならないように気をつけたい


声、話し方はなかなか奥が深いけれど

声の哲学を学び

自分の声と向き合い

そういったことに気づけたことも

良かったことの一つだ


声の出し方、話し方一つで

印象は変わる

顔が見えない相手にも声で美しい印象を伝えられる

声の哲学は本当に奥深く

美学の大きな柱だと思う


0 件のコメント:

コメントを投稿