『愛するということ』より

 



本日は、フロム著『愛するということ』の中の

一節を綴りたい


自分自身を「信じている」者だけが、

他人にたいして誠実になれる。

なぜなら、自分に信念をもっている者だけが、

「自分は将来も現在と同じだろう、したがって

自分が予想しているとおりに感じ、行動するだろう」

という確信をもてるからだ。

自分自身にたいする信念は、他人にたいして

約束ができるための必須条件である。

そして、ニーチェが言ったように、

約束できるということが人間の最大の特徴であるから、

信念は人間が生きてゆくための前提条件の一つである。


愛に関していえば、重要なのは自分自身の愛にたいする

信念である。つまり、自分の愛は

信頼に値するものであり、他人のなかに愛を

生むことができる、と「信じる」ことである。


自分を信じること

そして自分を愛することが

相手への思いやり、愛の前提にある


自分を信じるということの意味を

今一度見つめ直したい



_____

Today's BGM

Mozart / Requiem



0 件のコメント:

コメントを投稿