アウトプットで見えてくるもの

 



アウトプットで見えてくるものは

自分の内面

見たくない自分の内面だ


もちろん、覚えられないとか

滑らかに話せないとか

そういうことも辛いけれど

一番は自信の無さ

私はどこまでいってもこれが付き纏う


そして極度に緊張するのも辛い

眠れなくなるし

お腹は痛くなるし

尋常じゃない汗をかく

以前の私ならもう辞めていると思う


コンサルティングを受けてから大分変わってきたが

受ける前も、そのもっと前の私からしたら

随分変わった

少しずつ自分と向き合うことを通じて

変わってきたのだと思う


人が変わるときは

やはり自分と向き合うとき

だから辛くても乗り越える必要がある


およそ世の中の人は

何でこんなに容易く出来るのだろうと思っても

本人は必死でやっているのかもしれないと

今は思えることもある


可笑しいけれど

言葉一つ滑らかに言えなくなる

こんなことが大人になってから起こるとは


こういうときに人と比べてしまいがちだが

そうではなく、自分と向き合う

孤独な作業だけれど、でも一方で

あまり深く考え込まずに

亀の歩みでも一歩一歩、一つ一つ

私のレヴェルで乗り越えていきたいと思う


0 件のコメント:

コメントを投稿