言葉の波動

 


今日は、重い空気に持っていかれそうになってしまった

誰かを非難する言葉は、とても重い空気がそこに流れており

出来れば聞きたくないもの


だが、おしゃべりとして始まってしまったので

私は席を立って別の場所へ移動することにした

自分のことに集中し、その声さえも入らない状況ならよいのだが

そう出来ないときは、物理的に離れて耳に入れないことにする


言葉の持つ波動がある


悪口や罵声はやはり波動が低い

誰だって聞きたくない

こういう言葉を言っている側に行くと

本当にこちらまで気分が悪くなるのを実感する


逆に感謝や相手を労わる言葉はとても気持ちが良い

聞こえてくると、こちらもとても嬉しい気持ちになる

「ありがとう」は言っても言われても嬉しい言葉

一日に最低3回は言いたいと思っている


重い波動に重い空気が流れているときは

自らその場所を避けたり

高い波動の嬉しい言葉を自ら発したり耳にすることで

気持ちよく過ごせるようにしたい


0 件のコメント:

コメントを投稿