ハイヒールの夢と日常

 


ハイヒールが日常となった

もともと、ほぼいつもハイヒールを履いていたけれど

だいたい8−9cmのハイヒール

それが今は10cmが常になった


10cmハイヒールは私の一つの目標で

いつもこの高さを履けるようになりたいと思っていた

今は履けるは履けるが

まだまだ正しく美しくの域には至っていない


そして一昨日のブログにも書いたが

Louboutinのハイヒールは私の一つの憧れ

ハイヒールを履く人なら多くがそうかもしれない

私はまだあらゆる意味でそのレベルに達していないけれど

いつかは必ず履きこなせるようにしたいと思う


やはり毎日ハイヒールに足を入れるたび

気持ちがグッと上がる

足を入れる瞬間の高揚

そして両足を入れ終わった瞬間のピリッとした感触

背筋がグッと伸びて

さぁ、これから歩き出すぞ、という心地よい緊張感


ハイヒールを履いた状態で

全身鏡で自分を見てみてほしい

きっと履く前とは違う自分がそこにいる

美しくエレガントな女性が

そこには立っていないだろうか


そう言えば、私はハイヒールで歩くという以前に

ハイヒールそのもののフォルムに

とても惹かれ

眺めているのが好きだった


ブランドの高いピンヒールが

何十足もシューズボックスに並んでいて

扉を開けるたび、わぁっと幸せな気持ちに

なれたらいいな、なんてことを

恥ずかしくも想像していたこともあった


今は、何十足も欲しいとは思わないが

お気に入りの何足かを大切に履いて

履かない時は飾って眺める

そんなことができたら良いなと思っている


ハイヒールの夢

これもいつかは日常にする

夢としたい



0 件のコメント:

コメントを投稿